環奈の美容ブログです。健康から美容まで幅広いジャンルで色々な情報を提供していきたいと思います。

良い髪の育て方:髪質に合ったシャンプーを探すべし!

私が今使っているシャンプーはどうやら私の髪質に合っているようで、抜け毛の量が格段に減りましたね。

私はシャンプーが合わないと、髪の毛が大量に抜けてしまうので自分の髪に合うか合わないか、すぐ分かります。

でも自分の髪質に合ったシャンプーを探すのって大変!

しかもお肌に関するものって、最初好転反応と言って拒絶反応みたいなことが起きる可能性もあるから、安易に試すことも出来ないんですよね。

ただ、髪に良いとされるシャンプーは試供品なども豊富ですから、まずはサンプルで試してみるといいですよ。

そして仕上がりによって、本購入するか決めるというのも賢いやり方だと思います。

私は某通販サイトで、髪が潤って、しっとりさらさらになるシャンプーを発見。

そのシャンプーはさくらの森シャンプーで、一度思い切ったことがありました。

結果、さくらの森シャンプーがとても使い心地が良かったので定期継続を本気で考えたり、どうするか悩んで悩んで悩みまくったのです。

でも、さくらの森シャンプー アマゾンは、高価だし、消耗品に支払う額のことを考えて泣く泣く諦めたのです。

まあ過去にそんな経緯もありましたが、実は一般の薬局に偶然にも通販限定商品が売られていることもあります。

なんで?と思うんだけど、そんなこともあるから、良いシャンプー選びは諦めたら負けなんですね。

ところで、あなたは鏡を覗き込んだとき、あれ?私でない誰かがいる?…なーんて思ったことはありませんか?

私は、といえばある時、結婚式でのツーショット写真を見ていましたら自分の顔がまるで別人に見えてしまったんですよ!

私の髪型って今はショートヘアなのですが、結婚式の時はミディアムくらい伸ばしていたんですね。

だから、ある程度印象が違っていたのかもしれません。

他に、私は美容院へ行った後は必ず自撮りをするのですが。

歴代の「私」はどれも別人が揃っているみたいなんです。

ずいぶん髪型が違うだけで変わるものだなぁと思いますね。

そういえば、写真をじっと見ていると、錯覚のようなものが起きるらしい。

だから、見慣れた自分の顔でも何か違和感を感じるのかもしれません。

自分でもそうなのだから、きっと友人が髪型を変えたりとかしたら、あれ?本当に○○さん?…なんて風に驚いてしまうかも。

だから、でしょうか?

イメチェンと称して、皆こぞって美容院へ行くのは。

すなわち、ある意味別人になりに行くってことです。

と言ってもしばらくすると、その髪型も見慣れてきて新鮮味が薄れていくのでしょうが、さて、人は何を求めて美容院へ足を運ぶのか…いまだ不思議に思います。

髪を切りたい!ヘアカタログを見つつ悩むのです

そろそろ髪が切りたくなってきたのですが…さあ、どこまで切るか?と悩んでおります。

というのは、パーマはかけたいけど、髪をいじめることはあまりしたくありませんし、かといって、これから伸ばすという気にもなれず、ショートよりかはボブがいい。

と、ひとつの形にまとまらないんですね。

そこは美容師さんとの相談も加味して決めることになると思いますが、ある程度の形を決めていった方がスムーズですから。

なので色々雑誌を見ることにしました。でも、イメージは膨らむばかり。

優柔不断な性格も相まって、決められないでいました。

ただ、すっきりしたい!その気持ちだけあるのです。

そこで、私は思い切ってパーマかけつつショートにしてしまおうかと思いつきました。

これから紫外線が強くなる時期になりますから、本当は髪は長い方がいいのですがくせっ毛でもある私はどうしてもくるんと内側に巻いたようになってしまうのでパーマをかけたほうがある程度くせっ毛が誤魔化せます。

ただ、同じような髪型ばかりで飽きが来ていることが難点なんです。

髪を切るだけでもストレス発散になりますし、そういう意味じゃ、新しい気持ちになれるんですけどね。

よし、決めた!雑誌の切り抜きをもって美容院へ行きましょう。

イメージ通りにはならないかもしれないけれど、ヒントをもらうためにもヘアカタログはよくよく見ておくといいですね。